読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の雑記

Garbage in, garbage out.

週記(1/30〜2/5)

1/30〜2/5 は25時間31分勉強していた。 毎週なぜか書いてるので、今回も書いておこう。 ちょっと集中力がないというか、興味が拡散してしまってるので、いらないものを切っていきたいですね。

意味

本を読みたいのだが、長い文章に付き合う余力がないので図書館で日記を探した。 が、あんまり目ぼしいものもない。『ビューティフル・マインド』の隣にあった、20世紀末の人の日記をなぜか開いてしまう。こんな子が、昔はいたのだなそういえば。メンヘラで、…

日記

今日はedXの確率のコースの課題をやっていた。明日は、同じくedXのCSのコースの課題をやる予定。 貯金の残額から言っても、勉強してられる時間ってあんまり残ってない。できたら、もう少しだけ頑張りたい。

124

1月は124時間勉強していた。ぴったり1日4時間。よくやったんじゃないですかね(自画自賛)。1日も休まなかった。 しかし進捗は全然。微積とか全然終わらんし、平然と今年いっぱい、やり続けることになるような気がしてる(今年いっぱいは貯金がもたないので…

週記(1/23〜1/29)

1/23〜1/29 は、31時間1分勉強していた。 ・・・ 今年の前半は、いま受講している、edXの確率・統計のコースと、CSのコース、あとはこれから始まる幾つかのコースのスケジュールに何とか付いて行く、というのが目標になるのかなと思う。予定を書いても鬼が…

空気

前の仕事(ビルメン)で、そういえば空気環境測定という謎作業(オフィス内の二酸化炭素濃度とかを測る)があった。その際、当然ながらオフィス内に入るんだけれど、なるべく視線を、オフィス内の人にもモノにも着地させないよう、中間的な場所に曖昧に漂わ…

雑記

edXとかで色々とコースを取って、かなり課題が散らかっている。が、元々読書とか濫読だ。整理がつかないまま目の前にあるものを読んでいく、というのが性に合ってるのかもしれない。どうせ興味の範囲は、確率・統計とそれに必要な数学、あとはPython・Rとい…

週記(1/16〜1/22)

1/16〜1/22は、24時間4分勉強していた。サボったなあと思うし、昼夜逆転を直すとか、そういうのもあって時間が少ない気がするけど普段とあんまり変わんないのな。 ・・・ Courseraの微積のコース、有料にアップグレードしないと問題の採点ができないと知っ…

偶像/厚切り/手袋

路上で地方のアイドルグループな子たちが歌って踊ってた。気温8度。お腹出てるけど、寒くないですか。 本屋で、厚切りジェイソン氏の英語学習本を立ち読みする。英語は英語で学ぶのが普通だろう、という極めて普通のことを言っていた。24時間英語で考えよう…

Yes

デイヴィッド・ロッジの『考える』という小説のセックスのシーンで、主人公がいく瞬間に「そうだあああああああああああ」と絶叫するという不思議なことが(たしか)あったけど、あれって「Yeeeeeeeeeeees!」とかの直訳なんだろーな、とふと思った。 考える……

髪を切った

しかし、日常的に全く発声しないので、声が出ません。注文の声が。別にどうでもいいといえば、どうでもいいんですけど。 ・・・ 今日も4時間ほど勉強した。 4時間ってのは、自分にとってちょうどよいようだ。4時間やると色々限界だなと、精神的に感じるし、…

1,315,938

家賃の振込。残高は、1,315,938。方眼紙のルーズリーフを買う。方眼紙を計算用紙にすることで、勉強が捗るようになった。まっすぐ、均一に書くことを促されるし、そんな風に書くとキチッとした気分になるらしい。 帰って、積分の計算問題を少し解く。他に細…

週記(1/9〜1/15)

今週は28時間勉強していた。だいたい毎日積分の計算問題などを問いており、少しずつ進捗はある。よく分からないと思っていた問題が、単に記号の羅列に気圧されていただけだと気づいたりする。未だにΣ(シグマ)とか、見慣れない。 勉強するという点でいえば…

週記(1/2〜1/8)

今週は28時間50分勉強していた。 ・・・ 日本語の本なら分かるかもしれない、という幻惑が晴れたのは良いことだった。基本的には語学力の問題ではないし、テキストの問題でもない。お前の頭と根気の問題。 ・・・ 本屋で「電験三種」の参考書を眺める。以前…

分担

最近、無職であることに興味が失せてきた気がする。それとの関連で自分を眺めても、あまり意味はない。あと、悩む体力もない。 英語をもう少しだけ向上させたいという気持ちは常にあるので、洋書でも読もうかなとたまに思う。がーー、現状で、英語を読むのも…

英語/日本語

微分積分の進捗が滞っており、これは英語でやってるせいではないかとどうしたって思う。我慢しきれず、図書館で和書をいくらか借りてきて読む。 結局、言語の不得手さの問題ではあまりないと分かる。日本語の本でも数式は同じだし、その説明も別に、特別分か…

『ある島の可能性』再読

ある島の可能性 (河出文庫)作者: ミシェルウエルベック,Michel Houellebecq,中村佳子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/01/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 再読中。ウエルベックの主張の強さについて行ける自信がなかったのだ…

週記(12/26〜1/1)

今週は23時間39分勉強していた。12月は120時間58分勉強していた。 今年は、今日できたことは明日もできるし、今週できたことは来週もできるだろう、程度の期待で、淡々と生活していけたら良いと思う。それを超える期待は幻想・妄想ですね。 読んだ 闘争領域…

irrelevant

部屋にはホワイトボードが3枚あって、1枚は覚え書き、他の2枚は特に用途はなく、気まぐれに目標を書いたりしている。それを見ると、いかに自分の興味が持続しないか、ってのが分かる。 『モラル・トライブス』が面白かったんで、道徳哲学の本を10冊読もうと…

週記(12/19〜25)

今週は30時間37分勉強していた。余計な部分とか、ロスは減らせるので、もう少しだけ。 読んだ 方法序説 (岩波文庫)作者: デカルト,Ren´e Descartes,谷川多佳子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1997/07/16メディア: 文庫購入: 31人 クリック: 344回この商品…

週記(12/12〜18)

今週は28時間35分勉強していた。 読んだ 〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義作者: マイケル・S.ガザニガ,Michael S. Gazzaniga,藤井留美出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2014/08/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見る こ…

週記(12/5〜11)

今週は26時間39分勉強していた。来週は配分を調整しよう。 読了 大仏次郎 敗戦日記作者: 大仏次郎出版社/メーカー: 草思社発売日: 1995/03メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログ (3件) を見る 文庫でもあったようだ。 終戦日記 (文春文…

週記

今週は毎日7時くらいに起床していた(気がする)。23時間55分を勉強に費やしていた。多少でも、自分の決めたことをやると気分が良い。来週も、今週と同じ程度にはやろう。今週出来たことは来週もできるだろう。 出来事 貯金が150万を切った。 何もなかった人…

箱舟

ノアの箱舟の話はなんとなく知っていた。が、そのキッカケが、神が自分で初期設定した世界の結果にウンザリして、一度リセットしたかったから、なんてのは思いもよらなかった。しかも、その世界の中で救出したいキャラクター(ノア)にだけは大洪水を逃れる…

神ってる

「神ってる」(って何)が「流行語大賞」に選ばれたので、旧約聖書を読み始めた。 神は言った、「地は生き物を種類に従って、すなわち家畜と這うものと地の獣とを種類に従って、生ずるように」。するとそうなった。神は、地の獣を種類に従って、家畜を種類に…

空っぽ

殺人は犯罪であって、軍人が戦場に臨んだ時にだけ犯罪でなくなることはよく知られている。いじめのかなりの部分は、学校という場でなければ立派に犯罪を構成する。そして、かつて兵営における下級兵いじめが治外法権のもとにおかれたような意味で学校が法の…

11月が終わったのか

油断も隙もない。 出来事 某perfumeのライブに行き、部屋の天井から水が落ちてきた。たぶんそのせいで、風呂場(の、おそらく天井裏)でコバエが発生しており、その殺害が日常になっている。ティッシュのそれを見て、こんなふうに殺されたら嫌だなと思うが、…

71

5時起床。面白みのない夢を見る。アラームは4時にセットしてあったけど、見たら止めてある。洗濯をしないといけないーーそのために昨日、100円玉を作ったのだから。 ・・・ 『大佛次郎敗戦日記』。1945年7月20日の日記より。 米の配給大半はえたいのしれぬ粉…

1,478,143

ATMで5,000円を下ろす。残高は、1,478,143円だった。不思議なことに増えたりしない。 ・・・ 警備員でもやれば良い、と、ブログに何度も書いているが、ふと、そんなに簡単に警備員ってなれるものなのか、と。 以前、ビルメンになるため就職活動をした時には…

変に捗る

昨日の21時起床。Pythonの写経と読書を交互にしつつ、今日の昼。体力が切れ2時間仮眠。読書、線形代数のテキスト。 変に捗った日だった。明日もそれなりに、捗るだろう。 ・・・ 気まぐれな引用。『大佛次郎敗戦日記』より。 「主婦の友」の最新号を見ると表…

鬱な時間が増えてきた。

3時起床。線形代数のテキストを3セットやる。夜明け前にスーパー。パスタ、コーヒー、豆乳を買う。10〜16時に寝る。起きて途方に暮れる。どうしたら良いのだろう。 1人で何かを頑張るって無理だなと思う。でも、他にやりようもないから、なんとか自分独りで…

1,520,760

家賃を振り込んだ。先月の振込時の残高は、1,678,207 だったそうなので、15万7,447円減ったことになる。随分な散財。まあ、どうでもいい。 ・・・ リーマン・ショックの後なんかに、経済的な苦境は自己責任だろう、というような言説が流行った。私はその当時…

そういえば、某perfumeのライブに行った。

2ヶ月前、バス停の所にチケット販売中という広告を見かけた。失業保険で裕福になったのもあり(錯覚)、気まぐれに買ってしまった。4年くらい前、何度か行ったことがあった。 しかし、よく考えるとドームだし、席が悪いとお布施したことにしかならない。また…

続天井

浴室・台所に水が落ちてきたので、休日・夜間の管理会社に連絡。上の階の住人とも一応連絡が取れる(普通に、ピンポンを無視されてただけだった。死んでるとかじゃなくて良かった)。業者が来て、現場確認をして終わり。水はどうしたって落ちきるまでは放置…

天井

私はよくわからないくせに、経済学に興味だけはあるので、「Economist's View(エコノミストの観点)」というブログをたまに見ている。著者は、マーク・トーマという経済学者で、日々、律儀に、ウェブ上で読める一般向けの経済学者の記事を、集約し、リンク…

ランダム。

たまに、サイコロを振って意思決定すればいいんじゃないか、と思うことがあった。真面目に考えたことはないんだけど。 でも、本当にサイコロを振ったほうが良いかもしれない。 例えば母にメールをする、というようなことで。自然に放置すると、私は一切何の…

こんなに無職を続けていていいんだろうか

というのは一般的な疑問で、自分の疑問ではあまりない。明日警備員をやるか、半年後に警備員をやるか。双方に違いらしい違いはないし、半年後のことなんて知ったことではないので、先送りにする。 こういう人間をダメ人間と呼ぶのだが、もはや、これ以外の生…

祝日/物理

図書館に行ったら祝日っぽい人出。だが、いかにも祝日っぽいのに平日って可能性もなくはない。エレベーターから降りてきたゾンビがハロウィンだからでなく単にゾンビでありうるように。しかしいずれにせよ人多すぎなので、『カラスと亀と死刑囚』を借りて帰…

日記

7時起床。Pythonを3時間ほど。 ジョシュア・グリーン『モラル・トライブ』を読む。我々の道徳観念とそれを支える脳の配線や情動は、部族(トライブ)内においては適応的だが、部族間においては必ずしも適応的でない。さて、その適応的でない関係をどのように…

11月

髪を切るなど。店内にローリング・ストーン誌があったので眺める。干からびた浮浪者のようなトム・ヨーク。スティーブン・キングへの短いインタビュー。「小説家になっていなかったら、高校の英語教師か、あるいは大学の講師になっていたかもしれないが、い…

8時起床

長かった昼夜逆転の旅が終わる。これを固定できないと悲惨なので、固定したいのだが・・・。それだけを目的に毎日「◯◯時起床」というブログ記事を書こうか。バカらしいが、書くとなると多少の見栄もあるので、頑張れるかもしれない。 ・・・ やることがない…

年内

憂鬱になり、更に引きこもりたくなったので、日本語の本を読むのを年内は停止してみる(たまに、こんなことになり、そういえば一度も続いたことがないのだが)。その前に読みかけの本を片付けようと、思ったが、読みかけのまま返却しよう。ルソー『孤独な散…

13時半起床

アンドレ・コント=スポンヴィルは『幸福は絶望のうえに』で、希望を手放す過程を形容するのに、「喪の作業」というフロイトの言葉を借りていた。 最近、また歳を取った。 ・・・ 読んだ。 経済は「予想外のつながり」で動く――「ネットワーク理論」で読みと…

日記

9時半起床。英語を読む/聞くのに疲れたので、今日は日本語ばかりを読んでいた。明日からはまた、英語を読もう。 ・・・ 読んだ。 ザ・レフト─UK左翼セレブ列伝 (ele-king books)作者: ブレイディみかこ出版社/メーカー: Pヴァイン発売日: 2014/12/10メディ…

日記

14時起床。昼夜逆転してしまう。 家賃を振り込んだ。残高は、1,678,207 だった。8月22日は、1,591,442 。失業保険の効果。満額受給し終えたから、あとはもう減っていくだけですけれど。 働くことを考えたほうがいいんだろうな、と、とりあえずブログに書いて…

9時起床

相対的に見れば、自分は恵まれているのだから、あまり不平不満を言わないよう。もちろん、相対的にみることは理性的な判断で、いつも理性的でいられるわけでない。落ち込むと、相対的にも客観的にもなれなかったりする。しかし、可能であるのにも関わらずそ…

10時半起床

気力の出ない日々。あるいは、モチベーションを与えてくれる要素がこれほど欠如している中では、それなりに気力がある方、と評価したほうが良いか。 ・・・ シェリル・サンドバーグ「LEAN IN」などを読んでいて思ったが、政治的イシューとは、個人的な利益の…

雑記

12時起床。 フィリップ・テトロック/ダン・ガードナー『Superforcasting』を少し読む。この本の5章は面白かった。それはフェルミ推定なんかを扱っているのだけど、フェルミ推定って、要はGoogleの入社試験みたいな、頭の超絶に良い人向けの謎掛けだとしか考…

G

少し前、部屋にGが出現し、それは深夜1時だったのだけれども、1人で静かに大騒ぎをした。冷蔵庫を動かし、机に乗ったり降りたりして、何とか1時間くらいで退治。で、明け方まで部屋の掃除をし、朝、ゴミを出しに行ったら秋になっていた。空の青が薄い。 2日…

アンリ・カルティエ=ブレッソン『こころの眼 写真をめぐるエセー』

こころの眼―写真をめぐるエセー作者: アンリカルティエ=ブレッソン,Henri Cartier‐Bresson,堀内花子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/07/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (15件) を見る 簡潔で端正な文章を書く人だっ…