無職の雑記

Garbage in, garbage out.

退職して2週間が経った

特段何の感慨もなく。既にほぼ、職場のことを何も覚えていないような状態。

その仕事は24時間、暇に耐えるのが主要な仕事でーー延々とした退屈、辛かったなあ。ブラックな辛さでなく、社会に存在してませんみたいな辛さでーー、そんな奇妙な仕事がこの世にあるというのを知れたのは収穫といえば収穫だったけど、やっぱり他の仕事をしたら良かったんじゃないかと思うな。

私がこの前いた業界にすすんで行こうとすることは、自分に戦力外通告を食らわすような行為だった。もちろん、誰か他人から戦力外を食らう(否定される)ことに耐えられないと思ったから、予め、防御のために自分を否定したんだがーー後知恵だけど、もう少し自分に自信を持っても良かったと思う。どうあれ遅かれ早かれ戦力外を食らうんだし、だったら一度は、頑張ってみたら良かったんじゃないかと。頑張らないと、仲間も同僚も得られないんだなと今更思うしーー引きこもりを止めた最大の動機は、人と付き合いたかったからだし、話したかったからなのだけれど、それはこっちでは無理だったから、なおさらそう思う。