無職の雑記

Garbage in, garbage out.

テレビ、ネットの利用を制限すること

  • この部屋にはテレビが無いし、今後も買わないんだけど、仮にいま部屋にテレビがあったら何となく付けちゃってるだろうなあと思う。暇 & 寂しい、そして能動的に何かをするのは面倒だ、という時に、テレビってのはカチッとハマる。

  • ある種、扱いかねるのは、どう考えても幸福度を下げることにしかなりそうにないと分かっていても、やってしまう、ということで。これは完全に罠のようなもので、でも利用可能であるかぎり、意志でそれを回避するのは困難で。だからその利用可能性自体を消去するのが正しく、だからテレビは買わない。

  • もちろんネットもーーこういうブログもーーやはり、テレビと同様使い過ぎは幸福度を下げる。でも、ネットはテレビより遥かに必需なので、利用可能性自体を消去する、ということはできない。でもPCに関しては、「FOCUS」というブロッキングアプリで擬似的にそれが達成可能で、自分はこれを結構愛用している。(注:Mac用です)。

heyfocus.com

  • このアプリは、できることの少なさに比して価格が高価なので、おすすめはしない。でも、私は、PCでネットを漫然と見ることから離れたい時には、このアプリを「ホワイトリスト」モード(ホワイトリストに設定したサイト以外すべてのサイトを見られない)の設定で、25分とか1時間とかでONしてしまうことにしている。ホワイトリストには、自分が勉強しようと思っているサイト以外何も入っておらず、余計なものは完全に、全く何も見られないので、仕方なく勉強するか他のことをするかしかない。