読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の雑記

Garbage in, garbage out.

生活改善日記3

2016/03/06 0:20  健康保険料は、ほとんど暴力みたいなものだ。

2016/03/06 3:46  1時間眠った後、目が醒め、頭痛がしてもう一度寝られないので、本を読んで様子見。

2016/03/06 13:55  起床。

2016/03/06 14:18  本のタイトル的に苦手だ、と敬遠してしまうことがある。例えば、『子供が減って何が悪いか』とか、苦手だし、こういうタイトルの本を書く人が面白いわけがないと思ってしまう。

が、同著者の、『社会問題の社会学』はとてもとても勉強になる面白い本なのだ(統計のウソ、的な本をたくさん出しているジョエル・ベストが社会構築主義の有名な論者だなんて全く知らなかった)。子供が減って何が悪いか、というタイトルの効果で、ほとんど10年くらいこの著者をスルーしてしまった。

社会問題の社会学 (現代社会学ライブラリー9)

社会問題の社会学 (現代社会学ライブラリー9)

2016/03/06 14:18  生活改善も何もない安定の。

2016/03/06 14:39  今日の予定

  • 数学
  • 部屋の掃除

以上。ほとんど、数学だけできたら、十分。

2016/03/06 14:49   数学を始める。

2016/03/06 14:53   ボールペン。

2016/03/06 15:54   洗濯もしなければ。

2016/03/06 16:02   自分がいつの間にか年老いてしまったことに、困惑するというか、

何の準備らしい準備もしてこなかったことに気づくというか、

でも、そんな準備があり得るだろうかというような。

2016/03/06 16:04   昔、人が自殺しないことーーその総数が少ないことが不思議だった。

慣れてしまう。

2016/03/06 16:06   誤謬も良いところだ。

2016/03/06 16:13   肉食の獣は絶滅すべきであるーーその捕食される側の苦痛を消失させるという目的で、

というある哲学者による論説を、ニューヨークタイムズで読んだことがある。NYTは、立派な媒体だな、となぜか思った。英語学習中の人間の、英語圏の媒体を過剰評価しすぎてしまうことの単なる反映だろうとは思うけど、こうまで極端だが読ませる論説が、日本のニュースペーパーのサイトに載り得るだろうか、と。実際、良い文章だった。どぎつい色にも溢れた。

これ。

http://opinionator.blogs.nytimes.com/2010/09/19/the-meat-eaters/

2016/03/06 16:30  数学終わり。ノートを7ページ取った。

2016/03/06 16:35  読書。タイラーコーエン『フレーミング』。

フレーミング「自分の経済学」で幸福を切りとる

フレーミング「自分の経済学」で幸福を切りとる

2016/03/06 16:49  そんな期待から読み始めたわけではないが、(イメージとしての)自閉症がこの本のキーだった。

2016/03/06 17:21  英語を読む。

2016/03/06 19:04  ホットサンド。

2016/03/06 19:04  英語を読む。

2016/03/06 20:17  Perfume の、Story には参ったな。


Perfume Live at SXSW | STORY (SXSW-MIX)

2016/03/06 20:19   Perfumeの面白さのようなものは終わったにしても。

2016/03/06 20:46  ネットでは新しい嫌儲のような言説が賑わっている。毎月いくら儲かったというような報告の浅薄さ。それは、わかるような気もする。書店に入ったら自己啓発書しか置いていない、そんな落胆。でもそれは、1万円を得るのが簡単な人間と、そうでない人間とでは生きる世界が異なる、ということでしかなかったりもする。

2016/03/06 21:23  風呂の掃除をする。

2016/03/06 21:32  不完全な掃除の完全な終わり。

2016/03/06 22:31  読書。コーエン『フレーミング』。

2016/03/06 23:31  アニメを好きでよく見るとかは、オタクとは、まったく関係のないことだわな。

2016/03/06 23:43  ラーメンを、食べる。

広告を非表示にする