読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の雑記

Garbage in, garbage out.

はてなブログの使い道に悩む

ハローワークの説明会に行くまでに昼夜逆転を治そうと思ったが、より逆転していったので、結局今日は徹夜することに。

WordPressでブログを作ってみて、「はてな」って、「誰が読むんだよ」という日記を書くのには向いてないな、ということを思った。自分で言うのもアレだが、このブログは面白くない。なのにアクセスがある。全くアクセスがないような感じのほうが、評価として正しいのに、下駄を履かされており、結果として慣れない下駄で上手く歩けない(下手な比喩)。

今更だが、もう少しキャッチーなタイトルで、情報的なことを書いたら良いのだろうとは、思った。が、あまり、そんな形で人に提示したいことってのは、ない。アフィリエイトを頑張るぞ、的なテンションであれば、書くこともできそうではあるが、それって努力の方向性として正しいのだろうかとか、考えてしまう。(お前無職なんだから何でもいいからやれよとも思うが)。

自分の趣味と連続したところでいえば、本の感想を書いて、記事にするというのは、毎日でも書くことはできる。が、それは「その本を読んでいない場合」で、読んでしまうと難しい。読むと、その本の細かい部分を知ることになり、結果として単純な文章にそれを押し込める無理を感じてしまうことになる。読んでいない本、他人のレビューだけで知っている本についてのほうが、そういった文章は容易に書ける。(『読んでいない本について語る方法』という、面白い本があった)。保坂和志さんが「本というのは(音楽のように)読んでいる時間にしかない」と言っているが、そうまで極端にはなれないが、やっぱり小説にかぎらず、本ってそういうものである気はするし、その辺は大切にしたい。

という、人生において非常に役に立たない悩みーー「はてなブログをどうしたら良いのだろう」ーーに時間を使う失業保険説明会の前日の夕方。