無職の雑記

Garbage in, garbage out.

10時半起床

気力の出ない日々。あるいは、モチベーションを与えてくれる要素がこれほど欠如している中では、それなりに気力がある方、と評価したほうが良いか。

 ・・・

シェリル・サンドバーグ「LEAN IN」などを読んでいて思ったが、政治的イシューとは、個人的な利益の表明ではないんだな。政治が若干でも変わっても、それが現実に反映されるのは、随分遠い先のことで、それは個人的な利益のための回路としては迂遠すぎるから。

ミシェル・オバマが、ヒラリー・クリントンに票を投じないこと、あるいは投票自体をしないことは、トランプとその醜悪な言動に支持を与えることである、と語る際、「子供」に言及していたが、それも自然なことだと思う。遠い先の現実を考える時、子供ほど格好のものはない。自分一人だったら、政治に意味はない(独身者だらけの世界で政治のプレゼンスは落ちていくんだろうか)。

ついでに、ミシェル・オバマの演説はエモーショナル過ぎて好きでないと思ったけど、感情抜きの客観的な未来に向けて誰が動くか、という話でもある。

 ・・・

自分にとって政治とか、社会とかって全くなんの意味もないよな、と、最近良く思うんです。良かれ悪しかれ。

広告を非表示にする