無職の雑記

Garbage in, garbage out.

週記(1/2〜1/8)

今週は28時間50分勉強していた。

 ・・・

日本語の本なら分かるかもしれない、という幻惑が晴れたのは良いことだった。基本的には語学力の問題ではないし、テキストの問題でもない。お前の頭と根気の問題。

 ・・・

本屋で「電験三種」の参考書を眺める。以前、ビルメンだったから、この資格を目指して勉強したことがあった。落ちたけど。

今振り返ると、落ちて当然だったと思う。その当時、自分にあった成功体験的なものは、「英語が若干読めるようになった」ことだけだった。だから、問題を単語のように暗記すれば良いのだと考え、実行しようとした。当然、暗記なんて無理だった。

勉強を淡々とーー特に目的もないのにーー続けていると、過去の試みがいかに、無意味だったかが自覚される。本ばかり買った。全然やらずに放棄するばかりだった。今の部屋にもその種の本が、いくつかある。なぜかインドネシア語入門の本さえある。何考えてたんだろう。人はするべきことをしないとき一番忙しい、とホッファーが書いていたような気がする。忙しかったんだろう。

広告を非表示にする