読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の雑記

Garbage in, garbage out.

空気

前の仕事(ビルメン)で、そういえば空気環境測定という謎作業(オフィス内の二酸化炭素濃度とかを測る)があった。その際、当然ながらオフィス内に入るんだけれど、なるべく視線を、オフィス内の人にもモノにも着地させないよう、中間的な場所に曖昧に漂わせながら、測定ポイントに移動していた。業務的に情報漏えいにセンシティヴにならざるえない会社もあったから、その辺は、気をつけなきゃいけなかった。測定を開始する。

でも自分は本が好きだから、どうしてもね、デスクや本棚の本に一瞬、視線が張り付いてしまうことがあってーー、そういえば、そこに並んでた本がたまに羨ましかったんだよな。オライリーの「機械学習」の本とかあって、こういう本を読む人って実在するんだなあとか、思って。で、張り付いていた視線に気づいて、急いでそれを引き剥がす。中間的な場所へと置き直す。結果が出る。それを記録し次の場所。

広告を非表示にする