無職の雑記

Garbage in, garbage out.

2017/04/03

夕方、街には変に人が多くて、4月3日(月)だった。スーツの若い人は新入社員で、他の若い人は大学生とかなんだろう。毎年恒例なんだろうけど、見たのは初めてでないかと思う。当然、羨ましさはある。そういった羨望をもっと若いときに感じてたら、別の処し方もあったかもしれない、とかも思う。羨望や嫉妬にも肯定的な機能はあるし、見栄や虚栄心にだってそれはある。

このブログの初期に、「無職期間の4つの目標」という記事を書いていた。その1つが、「2016年5月29日のTOEICで900点を超える」。結局、その時は受けなかったのだけど、遅すぎるがその時の目標も果たそう。前回それをスルーした理由にはきっと、900点台を取れなかったら立ち直れない的気分があった。今もその辺の確信はないが、そのくらい立ち直るし、何なら別に、昔よりスコアが落ちても良いんだよ。

(ところで、この記事の日付は「2015年」だ…。時間の流れは恐ろしい…。

unemployed.hatenablog.com

広告を非表示にする