読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の雑記

Garbage in, garbage out.

2017/04/09

ジョギング
 近所のジョギングコースに走りに行った。2キロ。どのくらい走れるのか分からなかったけど、200メートルで息切れするとは思ってなかった。その後、少し歩いて、呼吸を整え、300メートル走ったら限界が来た。これ以上走ると吐いてしまう。残りは歩いた。


・『暇と退屈の倫理学
 何でこの本を読めなくなってしまったんだろう、というと、例えばアレンカ・ジュパンチッチのこんな見解を共感的に引くセンスが、ダメなのかもしれない。

近代はこれまで信じられてきた価値に代わって、「生命ほど尊いものはない」という原理しか提出できなかった。この原理は正しい。しかし、それはあまりに「正しい」が故にだれも反論できない、そのような原理にすぎない。それは人を奮い立たせない。人を突き動かさない。そのため、国家や民族といった「伝統的」な価値への回帰が魅力をもつようになってしまった。

だが、それだけではない。人は自分を奮い立たせるもの、自分を突き動かしてくれる力を欲する。なのに、世間で通用している原理にはそんな力はない。だから、突き動かされている人間をうらやましく思うようになる。たとえば、大義のために死ぬことを望む過激派や狂信者たち。人びとは彼らを、恐ろしくもうらやましいと思うようになっている。(pp28-9)

 以前読んだ時は、引っかからなかったんだけどさ。

 スラヴォイ・ジジェクは、トランプが大統領になる前に、クリントンが大統領になるよりトランプがなったほうが良い、といって反感を買ってた(確か)。クリントンの選出は既存の秩序の惰性的継続であり欺瞞に過ぎないが、トランプが選出されれば問題の明確な可視化になるであろう、というような理由だったかと思う。まあ、それにも一理くらいはあったと思う。でも、一理程度だとも思う。

 同様に、上記のアレンカ・ジュパンチッチみたいな見解にも一理くらいはあるが、その程度だと思う。で、私は、一理程度の見解(というか気分)を出発点とする話(思想)に付いていく気になれない。フィクションなら話は別かもしれないけど(『ファイト・クラブ』とかね)。


・網谷祐一『理性の起源
 これは、打って変わって(?)面白い。

理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ (河出ブックス 101)

理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ (河出ブックス 101)

広告を非表示にする