無職の雑記

Garbage in, garbage out.

検閲

結局、自己検閲がきつすぎたんだろうと思う。このブログのこと。それは、自分が極度の社会不安障害だっていう事実に起因するものではある。でも同時に、「はてな」というプラットフォーム、その空気感の強要するものでもあった。

このブログに残ってるのは、検閲と検閲のあいだの息継ぎのようなものだ。だから、このブログのほとんどは、自分にとってさえ面白くない。面白いことを書きたくて、ブログを始めたはずだ。でも、お前の面白いは面白くないよという声に配慮するばかりだった。

毎日に出来事はない。出来事がなければ感情も感覚も言葉もない。残るは退屈と倦怠、あとは諦観で、社会不安障害の脳みそは、それを仕方ないどころかまったく正当なことなのだという論拠を24時間、休まずに作りつづける。このブログはその脳の動作の単純な延長だ。そんなことを書いても仕方なかった。

広告を非表示にする